Megの恋バナ


by meg-love-v_v

譲れないモノと現実

今日はSueさんとChihiroくんと少し離れた県へおでかけ!

なんだか車とバイクのイベントに行くらしいの。
Megは別にあんまり興味なかったんだけど、
今日は本当に久しぶりの1日フリーDayだったから
とりあえずどこかに行きたかったの!

Sueさんはとってもバイクが好きみたいで、
とにかく細部まで舐め回すように見てました。
その熱意が周りにも伝染してか、
外人さんのライダーの人に声かけられたり、
肩叩かれたりして、すぐに顔覚えられてた。
Sueさん、全然物怖じしないからすごいわ。
だから本気が伝わって、相手を惹きつけるのね!

彼にとってはバイクってのは譲れないモノなのね。
それがとってもよーく分かりました。
Megにとってもカテキョやデザイン、IT、MUSICは
やっぱり譲れないモノ。もちろん本気の恋も。

だけど、その現実を目の当たりにしたら、
ちょっと冷静になっちゃって、
うーん…Sueさんは本物の恋ではなくて、お兄ちゃん的存在?
って疑問が湧いちゃった。

Megは女の子でありDreamer、だけどRealistでもある。

たまには盲目になるくらい恋に走ってみたいわね…

帰りは3人でラーメン食べて帰りました。男臭っ^-^
でもそーゆーの好きなんだよね。

けっこう歩きつかれたので帰りはずっと助手席で寝まくってて、
(うーん…行きも寝てましたが)
Chihiroくんに「着いたよ」と言われ、目を開けたら、
Megのアパートの前でした^-^;

Sueさん、Chihiroくん、運転お疲れ様です。
連れてってくれてありがとう!
[PR]
# by meg-love-v_v | 2005-09-18 23:58 | Meg's love
サブタイトルまでつけてしまいましたが、それより、

いやーん>_<炊き込みごはん作りすぎちゃったかも…

昨日Sueさんに「炊き込みごはん作ったら食べる?」って聞いたら
「マジで?やったぁ!」と言ってたけど、さすがに作りすぎちゃった。

…泊まりにきてた妹も、おかわり2回してるけど、一向に減らず。
んまぁ、冷凍しておくから別にいいんだけど。

でもお昼炊き込みごはんだけじゃぁねぇ…。
って事で、おべんとう作り♪

だし巻き卵に、里芋の煮物に、…色気ナシ笑?
あと、Megのお気にの白菜とエリンギの炒め物。
これは得意料理って言うより、Meg自身の大好物。
これがまた、食べた人が皆ハマっちゃうくらい、飽きないテイストなんだな♪

Megはなかなか手に入らないような
すごい食材を使って作る特別なものよりも、
ありふれた材料をいかにおいしく
仕上げるかが本当の料理上手だと思う。

それは人生も恋もおんなじ?

料理の味付けはセンスであり、
cokkingはいわゆるアートだと思ってます。
(反論はそれはそれで意見だから正当だと思います。)

でも、Meg野菜ばっかり食べるから、
よく考えたらお肉1つも使ってないの…
男の子のお弁当にそれはないでしょ!?と急いで冷蔵庫を探す。
お茶も添えてちょこちょこっと手渡してきました。

そして夜…カテキョの最中にSueさんからcall
「弁当ありがとー!助かった!てかうんまかったー!」
そう、それは良かった♪
「今日ランプ行く?」
はい、カテキョ終わったら行きますよ!

喜んでくれてよかった^-^
これだから料理ってやめられないわね♪
[PR]
# by meg-love-v_v | 2005-09-17 22:31 | Meg's love

突然のお泊り

秋の夜長23時半過ぎ。
やっとおうちに帰ってきて洗濯物たたんでたら、
SUEさんからcall。

SUE「今家?」
MEG「うん、そうだよー」
SUE「泊まりに行っていい?」
MEG「うん、いいよー」

しばらくしてピンポーン。はい、おかえり^-^

すーさんがシャワー浴びてる間、明日はゴミの日だから冷蔵庫整理…
おっと!でっかい梨発見!
そう言えば、この前もらったんだったー。

梨むきむき~♪
もちろん味見兼つまみ食い。
うん、美味し♪

ちょうどお風呂あがりのSUEさん。
SUE「あっちー!」
MEG「梨、食べる?冷たいよ^-^」
SUE「うん、食べる!」

窓を開けて、秋の夜長にお酒と冷たい梨。

うんv_v、この贅沢者^-^!

SUE「梨、うんめー!久々に食べた!」
MEG「ね、おいしいね!
   大っきいからあんまりおいしくないのかなって思ったけど、美味しい!」

しばらくしてソファーで伸び始めたSUEさん。
きっとお酒もいいころなのね。

SUE「仕事で、背中の変なところ筋肉痛みたいになってる…」

んーしょうがないな。マッサージ致しましょう!

SUE「自分じゃ届かないからマジ助かる。けっこーほぐれてきた!」
そう、よかった^-^
SUE「替わる?」
MEG「え?いいの?(でもなんか恥ずかしいんだけど…)」

結局、肩のマッサージをお願いしましたが…

SUE「どこもふにゃふにゃや笑。」
はい、その通りでございます。
おなかも出てないけど、腹筋もないもの。
マッサージの後は少し体を寄せられ…「…寝るか。」

もちろん、その後はすぐに熟睡。

朝方にKiss Onlyで抱きしめられて迎える1日でした。
[PR]
# by meg-love-v_v | 2005-09-15 23:55 | Meg's love

すきやきパーティ

今日はせっかく時間作ったのに、雨が…

ううう;_;

Sueさんから
「今仕事一人だから、だらだらして仕事にならねー」
とメールがきたので、Natを誘ってちょっとだけお邪魔。
のつもりが、雨も強くなってきて、しばらく滞在することに。
「これじゃランプ行けないね。夜どうしようか」って話。
Yukとランプ行って、ラーメン食べに行く予定だったけど、
Sue「俺、昨日の夜からずっとカップラーメン…」
え?…そんなのひどすぎるわ。体壊しちゃう。
Meg「んー…じゃあおうちですきやきでもしよっか?」
Sue「すきやき?めっちゃ食べたい!」
Nat「お肉ー♪」
あはん、みんな賛成みたい^-^

しばらくしたら、Sueさんのお友達がやってきてお話中。
戻って来たと思ったら、
Sue「なんか今日夜バーベキューするらしい。」
Meg「そうなんだー。(じゃぁやっぱりラーメンかな?)」

しばらくしたら社長が帰って来たっぽくて、
Sueさんお仕事再開。

Natに「今日はやっぱりラーメンかもね。」と言って、
Sueさんのところにいくと、笑顔で
Sue「今日すきやきする?」
Meg「え?バーベキューは?行かなくていいの?」
Sue「うん、バーベキュー行かん!」
Meg「じゃぁ、今からご飯炊いて、買い出ししてくるね!」

いやん、バーベキューよりMegのすきやき選んでくれて嬉しいじゃん?
急いで夕飯支度。
スーパーでお刺身がタイムサービスで、
“みんな、絶対お刺身とか食べてないだろうな…おつまみ♪”
買っちゃえー!

Yukも駆けつけ、
NatとYukは「味見いらない?」と交互に連発。
わかったって!
Sueさんのお友達もやってきて、
「いただきまぁす!」
「うぉー刺身じゃん!」
「俺、温かいご飯食べたの久しぶり…」(おいおい^o^;)
「俺、夜飯食べて幸せになったの久々…」(いつも何食べてるのよ?)
「Meg、お肉ほしい!」
「アタシには?」
「白菜うんめー!」
「ごはんおかわりある?」
「ビールもう1本飲もー!」

はいはいはいはいはいはいはいはい!
でっかい子供たちだなー^-^;

とってもにぎやかな食卓で、
Megも久々の家族団らん(まがい)を感じてすごく楽しかった。

Sueさんはその後すぐに爆睡。
みんなも帰ってったから、
「ハイ、Sueさん!ちょっとだけ起きて!
 ハミガキだけしておいで!」
それからMegもすぐに爆睡。
雨だけど、ちょっぴり楽しい週末でした。
[PR]
# by meg-love-v_v | 2005-09-04 23:30 | Meg's love
今日もランプに遊びに来たけど、
雨上がりで、あんまりコンディションが良くないみたい。

スケーターがあんまりいない…。
Sueさんの調子もあんまりよくないみたい。

でも、やっぱり見てたらやりたくなっちゃった!
ってコトで、始めちゃいました、スケボー!

前に一度、彼らを見てたらあつかましくもできる気がして、
ドロップインに挑戦し、余裕でスッ転びました!
従って、めちゃめちゃ怖かったけれど、
Yukが挑戦しだしたので、やっぱり負けられない!
(他の運動に滑りに関しては全くプライドなどありませんが、
 滑りはちょっとスキみたいなので。)
と、挑戦してみたら、おぉ?

なんと、ドロップイン成功♪
きゃー≧ω≦パチパチパチ
おっきいランプにいたKenさんも笑いかけてくれる^-^

うふ。

おっきいランプの人が少なくなって来たからちょっと見学に行ったら、
Ken「こっちでも滑ってくださいよ」
とお声がかかる。

「でもMeg後ろに戻れないもん。」

もう一人の方も「どーぞどーぞ」と誘ってくれる。
(後でわかったけど、プロボーダーらしいです。恐縮です!)

それから、2人の素敵なコーチ専属でご指導賜りました!
ありがとうございます!!
(Sueさんはこの間爆睡。教えてほしかったなぁー)

休憩してたら、Kenさん、外人の女の子に番号聞かれてます…やるぅ!

明け方になってきて、空も明るくなってきちゃった。

しばらくKenさん、見かけないと思ったら、
Ken「俺、海行って来たよ!」
Meg「いーなー、MEGも行ってこようかなー…気持ち良さそう」
Ken「一人で?」
Meg「あぶないかな?」
Ken「…お供しますよ^-^」
Meg「わーい≧ω≦」

それからしばらく波を眺めながら、まったりのおはなしタイム。

いつも夜しか会ってなかったから気づかなかったけど、
Kenさんの瞳、ブラウンでとってもキレイ。

Ken「あの人彼氏じゃないの?」
Meg「いいえ、違いますよ」
Ken「じゃぁ冬もボードとか一緒に行けたらいいね!」
Meg「はい、楽しみにしてます!」

ふむ。はたから見たら彼氏に見えるんだー。
とりあえず、今日はKenさんのおかげで、素敵な1日でした。
[PR]
# by meg-love-v_v | 2005-09-04 06:30 | Meg's love

真夜中のcall

2時半にSueさんから電話あって
「今から行っていい?」ですって。
お泊り5回目か…。
おふとんに入って、さぁ寝ようかなってまぶたを閉じた直後でした。

仕事、明日の朝にまわしたんだけど…できるかな^o^;

さっきまでキャバクラ行ってたみたい。
「ちょっとおもれかったー」だって。
…Sueさんお酒臭い。 のでチューはしてないです。

てか、何もしてないです。
酔ったイキオイで犯されることもなく、 (そんなコト心配すらしなかった…)
ただ、首に腕を回すのが早くなったなぁ。 と。

腕に包まれるの、スキ。

Sue「うわー朝まで酒残ってたらどうしよ~」
Meg「どうなるの?」
Sue「…へっこむ。」

へっこむ。て…

しかも真顔だし。
3時半頃まで話しながらわらってました。
今日も仕事なのに…

キャバクラは、スケボーしてる30歳くらいの人と行ったんだって。
Sueさん、スケボー始めた頃はめちゃめちゃヘタだったらしい。

Sue「みんなにオマエ才能ねーって笑われまくってた。
    でも努力したらなんとかなるもんだなー。」

うんうん、その通り。
だから、アナタと一緒にいても楽しいんじゃない。
キラキラしてるもん。

SueさんのキラキラはMegにいっぱい元気をくれてるよ。
ありがとう!

ただただぎゅーって抱きしめてもらいながら、ぐっすり寝ました。


そして、仕事をする前にブログを書いちゃうダメなMegでした。
[PR]
# by meg-love-v_v | 2005-09-02 07:40 | Meg's love

これは恋かしら?

Sueさんの友達たちと、Megたちでごはんを食べた後、
Sueさんはスケボーしに行く!というので、バイバイ。

お風呂に入った後、オークションの事伝えようと思って電話したら
結局、「あー、じゃあ、今から行くわ!」
Sueさんお泊り決定。(これで4回目)

先に言っておきますが、未遂です!
すばらしい!Fantastick Sue!
(今度、ファンタスティック・フォーって映画があるの。
 おもしろそうよ。全米で3週くらいトップ10入りしてたみたい。)

ピンポーン。
Meg「はぁい、おかえりな…」…ビクぅっ(゚o゚!!

Sue「あちぃ!」
と言いながら上半身裸。…やん、SEXY >_<

スケボーやりまくってそのまま来たのね…ビックリするじゃん。

でも朝、はじめてSueさんとチューしました。
Megは寝起きだったので、
あんまり意識なく、気づいたらくちづけしてた。
20秒後くらいに、びっくり! (遅!…寝ぼけすぎ)
しかも、フレンチッス(フレンチ+チッス)でした。
ひげ、ちくちくしてた。

超pure love v_v

Megはその後すぐ切り替えて出勤準備しました!

王子様のキスで目覚める???

でも、ホント、Sueさん全然手出さないの!
背中に手回すか、腕で頭寄せるか、ホントそれくらい。
Megがちょっと寄りそって甘えたら
ただただ、ぎゅーって抱きしめてくれるの。

ホント、どこにも触られてないんです。

これでも、「エロいフェロモン出てる」って
よく言われるんですけど、ワタシ。

どこにも触れてこないのはMegの色気不足?
ってことは小悪魔失格?
それともこれが本当の愛される小悪魔?

とりあえず、Sueさんと出会ってから、
心がとっても穏やかで、
Megはまたいろんなこと挑戦し始めてます。

これは恋かしら?
[PR]
# by meg-love-v_v | 2005-09-01 08:10 | Meg's love